2009年09月15日

海外旅行のお留守番

明日、妻が約1週間ぶりに我が家に帰ってきます。

今月11日から16日までギリシャに旅行に行っているからです。

ここ数年の妻の海外の旅行先・・・
2007年6月 北欧3ヶ国(デンマーク・ノルウェイ・スウェーデン)
2008年3月 タイ
2008年夏  東欧・チェコ?(たしか・・・)
2009年7月 中国・桂林
2009年9月 ギリシャ

私は、北欧と中国以外は留守番です。

妻は、南山大学外国語学部英米学科を卒業してるだけあって、海外旅行の経験がとても豊富です。
この経験が妻のビジネスにどう役立っているかはわかりませんが、日頃から遅くまで仕事している妻にとって海外旅行は良い気分転換になるし、心身をリフレッシュする特攻薬たど思うので、今回のギリシャもうらやましい気持ちを抑えながら見送りました。

どんな土産を買ってくるのか楽しみですが、あまりに過去の私への旅行の土産がチープだったこともあり期待は全然していません。

ただ、明日無事に帰ってくれれば十分です。

http://www.nobata-kaikei.com/  

Posted by 岐阜の税理士 at 18:20Comments(0)海外旅行日記

2009年09月14日

年商1千万円未満限定お得プラン 

税理士や社会保険労務士、司法書士など士業の業界では、1人当り1千万円以上の年商があれば事業として成功していると思います。

逆に1千万円も稼げなければ、独立する意味がないぐらいです。
(私の場合は独立して9ヶ月・・・まだまだ道半ばです。)

この士業の業界は、
ある程度、しっかりした規模(職員数20人以上)の事務所で勤務する場合は、資格を持っていても独立起業しないで雇われる立場で資格を生かしたほうが安定した収入を確保でき将来の生活設計もしやすい業界だと思います。

私も前に勤務していた事務所の待遇(給与・業務内容・人間関係など)の良さに試験合格してから約11年間もお世話になりました。

ただし、一般的には資格のない人に対しては士業の給与水準はびっくりするほど安いので、例え資格を保有していても実力のない人も同様に安い給与だし、試験になかなか合格出来ずに年齢を重ねて、この業界を去っていく人が多いのも事実です。
また最近の資格ブームで、大学や専門学校卒業後定職につかず実務経験が全くないまま試験勉強に数年も専念する20歳代後半から30歳代のフリーターみたいな人もたくさんいて、本当にこの業界をよく調べて試験勉強しているのか不思議なくらいです。
特に社会保険労務士や行政書士の資格で業界のことを調べもしないで、独立目指して試験勉強している人には、お気の毒としか言いようがありません。
そんなにおいしい業界ではないからです。

話は変わりますが、
士業以外の業種でも、年商1千万円未満で頑張っている経営者・自営業者の方に対して当事務所は「年商1千万円未満応援プラン」をご用意しました。
年商1千万円未満だと税理士に頼む程度でないので、決算・申告業務を青色申告は難しいので白色申告で自分でやったり、地方だと地元の商工会に依頼したりしてると思います。
又は、高い税理士報酬を支払って税理士に依頼している人には朗報です。

通常の料金から一定割合を割り引く「年商1千万円未満応援プラン」をご覧頂き、少しでも内容に興味を持った方は、ご連絡お待ちしています。

http://www.nobata-kaikei.com/  

Posted by 岐阜の税理士 at 01:20Comments(0)事務所サービス紹介

2009年09月03日

起業相談

先月末に当事務所のHPを見て下さった方から「起業相談」のお問い合わせがあり、その日に事務所近くの喫茶店で待ち合わせて面談しました。

当初1時間程度を予定していたのですが、話が過ぎて面談時間も大幅に長引いてしまいましたが、法人設立を前提とした顧問契約の約束を取付けることができました。

以前からHPを通じた税務相談・就職相談などの「お問い合わせ」はありましたが、直接仕事に結びつくような「お問い合わせ」はあまりなくHPで新規のお客様を獲得する難しさを痛感していましたが、今回のお客様(相談者)との出会いで少しだけ自信を頂くことが出来ました。

そして当事務所のHPのMENUに「起業相談」のページを作成しました。

相談内容については守秘義務厳守ですので安心して「お問い合わせ」頂けたらと思います。

http://www.nobata-kaikei.com/  

Posted by 岐阜の税理士 at 14:15Comments(0)事務所サービス紹介

2009年09月02日

twitter 税理士

たまたま見ていたテレビ番組でtwitter「ついったー」を取り上げていたので試しにやってみました。

番組内でtwitterを紹介していた経済評論家の勝間和代さんなどをフォローしてみたりしましたが、話題になる程のサービスとは正直思いませんでした。

具体的なサービス内容はチャットとブログを足して割った感じですが、他人の細かな言動・行動に興味がなければ全く無駄な時間を費やします。

アメリカのオバマ大統領など世間から注目を浴びる人達にとっては、利用することで良い広告宣伝の媒体になるのでしょうが一般人にはどうでしょうか?

私自身、他人の日頃の行動(今、誰かと食事してる・何かを食べてる・どこかへ移動中、起きます、寝ますなど)に興味はなく、でもそんな感じの投稿ばかりです。
世の中には他人と交わりたいと強く思っている人が多いから、SNSのようなサービスに世間が注目していると思いますが、他人の普段の日常をネットを通じて覗き見しても決して心が通じているわけではないので、ネット依存しないように利用には注意が必要かもしれません。

また、twitterを通じたビジネスチャンスとして事業に生かしている人もいるようなので、あまり最初から馬鹿にしないで今後も利用しようと思いますが当分の間は投稿保留です。

http://nobata-kaikei.com/

  

Posted by 岐阜の税理士 at 16:41Comments(0)事務所通信