2012年06月13日

ハローワーク求人の活用方法

今日、ハローワークへ当事務所の求人票に記載されている会社情報の修正をお願いしに行ってきました。

従業員数のデータが古いままでしたので、現況の正社員(フルタイム)7人(うち女性2人)に訂正してもらいました。
雇用保険の加入・喪失手続きで自動的に修正される訳ではなく、会社が自発的に求人票の修正をお願いしなくてはいけないみたいです。

求人票の従業員数はその会社の規模などを表すものであり、人数、男女やパートの比率など求職者にはとても参考になる情報です。
ですが何の裏付けのない間違った任意の情報のままの求人票も多いのではないかと感じました。

あとハローワークの求人の担当者に最近、求人の応募が少ない旨の愚痴をいいましたら、良いアドバイスをもらいました。

それはハローワークにある専用端末(パソコン)を使って会社の求人票に該当する求職者情報一覧を検索することができることです。
求人票に対して該当する求職者が何名いて、さらに求職者が情報を公開している場合にはその人の求職公開シートを閲覧し印刷することもできます。
すべて無料で利用できます。
個人情報保護の観点から氏名、住所、生年月日は分かりませんが、学歴、免許資格等、仕事の経験、希望職種・月収などが分かります。

その求職者情報から良さそうな人材を見つけて、ハローワーク経由で紹介してもらうこともできます。
具体的にはリクエスト希望票(検索)という申込書に記載してハローワークへFAXするだけです。

プロ野球のドラフト制度みたいで面白そうです。

採用するかどうかは面接にもよりますし、本人の辞退も考えられます。
ですが今まではただ応募があるのを待つだけだったのが、こちらからも求職者へアプローチできることを知って、今後の採用活動に生かしたいと思います。

現在、当事務所は3種類の求人を出していますのでご応募お待ちしています。


http://www.nobata-kaikei.com/

http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
http://www.bluecolor.biz/
http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/
http://www.souzokuzei-gifu.biz/
  

Posted by 岐阜の税理士 at 21:27Comments(0)職員求人情報